函館の五稜郭と同じ石垣工法 人吉城【人吉市】
2009.09.04 Friday 11:19

人吉城人吉城は熊本県人吉市麓町にある平山城跡です。
※築城年:建久9年(1198

人吉城は、北側の球磨川・西側の胸川を天然の堀とし、東側と南側は丘陵の断崖に堀をめぐらせた要塞堅固な城でした。

丘陵の山頂部に本丸、その西北に二の丸・三の丸・総曲輪を配し、本丸には天守は築かずに二層の護摩堂が建てられ、山麓に城主の居館が築かれていました。


 

 ■歴史
相良氏が鎌倉時代に地頭として人吉荘に赴任して以来、35代670年の長きにわたり在城し、江戸時代には人吉藩の藩庁でした。
源頼朝に仕えた遠江国相良荘国人の相良長頼は、元久2年(1205年)肥後国人吉荘の地頭に任ぜられ、長頼は主馬佑の城を拡張し人吉城の基礎を造りました。

■名称
築城の際、三日月型の模様の入った石が出土したため、この城の別名を「繊月城」「三日月城」といいます。

人吉城■火災
享和2年(1802年)には城内から出火、文久2年(1862年)2月には城下町の鍛冶屋から出火し「寅助火事」と呼ばれる大火となりました。この2度の火災で城は全焼しました。
その後、一部の建物が再建されました。

■石垣
幕末に築かれた石垣の一部には、ヨーロッパの築城技術である槹出工法(はねだしこうほう)を応用した「武者返し」と呼ばれる独特の石垣があります。
この城壁は日本では他には函館の五稜郭にしかない珍しいものです。


| 人吉球磨サポーター | 歴史 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://www.okuyukashi.com/trackback/13
サイト内検索
プロファイル
メニュー
最近記事
コメント
リンク
くまがわ市場バナー
くまとっぷバナー
パソコン・インターネット出張サポートの(有)よかよか通信
facebook
twitter
Twitterブログパーツ
Twitterブログパーツ
カレンダー
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
携帯サイト
qrcode
    
無料ブログ作成サービス JUGEM